流行時にはしっかりと予防をする、体力や免疫力が落ちないように気を付ける、などが大切ですが、万が一妊娠中にプール熱に感染した場合は子どもの場合と同様、対症療法によって治療することができます。
また、ウイルス感染症の一部の病気は妊娠中に感染すると、胎児に先天性異常が現れる場合がありますが、アデノウイルスではそのような可能性はないとされています。ちなみに、先天性異常等は、葉酸等がよいともされてますよね。葉酸について初耳の方はこちらが勉強になります。

妊娠中のカラダって?

妊娠中妊娠中は免疫力が普通よりも落ちているので、とくに病気の感染に注意が必要です。
病院などに行くことによって他のウイルスや菌に感染してしまう可能性も高くなるため、症状が軽い場合は自宅で安静にし、治癒力を高めることを優先したほうがよい場合もあるでしょう。症状が長引く、熱が下がらないなどの時には医師への相談が必要です。

高熱が出たら?

母体が高熱になると、羊水の温度があがり、胎児が適性の体温を保てなくなるので、胎児に影響が出る可能性があるといわれています。ただし、この場合40℃以上の熱が3日以上続く場合などのかなり重症化した場合なので、37℃程度の微熱~38℃位の場合は影響がないと言われています。
熱のある時に気をつけたいのが脱水症状。体の水分が不足すると母子ともに危険な状態になることもあるので意識的に水分補給することが必要です。
プール熱の症状は大人が感染しても症状は軽く、熱が出ても2・3日程度と考えられています。







妊娠中に飲んでもよい薬って?

胎児の様子風邪の予防に一般的な〝うがい薬〟は妊娠中には使用を控えたほうがよいと考えられています。うがい薬に含まれている〝ヨード〟という成分が胎児のホルモンバランスに影響をあたえ、先天性の甲状腺機能低下を起こす可能性があるためです。また、一般的な市販薬には妊娠中の服用を避けたほうがよいものがあります。
(アスピリン・バファリン・イヴ・ロキソニンなど)妊娠中にも服用できる市販薬は〝アセトアメノフェン〟を主成分とする薬(ノーシン・タイレノールなど)で、胎児への影響はないといわれています。妊娠中にプール熱で病院にかかった場合に処方される薬としてはカロナールなどが一般的で、カロナールは基本的に胎児に影響はないとされてきましたが、近年の研究では妊娠後期においては胎児に高血圧症を引き起こす可能性があると言われており、服用する際は医師とよく話し合う必要があるでしょう。

妊娠中の風邪予防・体調管理

妊娠中はつわりやストレスで体調をくずしがちです。
食事を食べやすいものにするなどの工夫で栄養が偏らないようにすることが大切です。睡眠を十分にとるためには寝る前にリラックスして過ごすことがポイント。カラダを十分に休めることができれば免疫力もアップして赤ちゃんもお母さんも元気に過ごすことができます☆